04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆透明石けんをつくろう☆ 第2弾

こんにちは~

さてさてまたまたチモ先生宅におしかけ、
石けん教室~(5回目)

今回は透明石けんに色を付けてみよう!!

2人でいろいろ調べましたが、
ハーブを無水エタノールに漬けて色を出ししたもので着色実験ヽ(^o^)丿

紫根で紫、ローズマリーで緑を目指しますw
(全てチモ先生が準備してくれました。感謝。)

うさぎはあーだのこーだのどーなのと
話を投げるばかりでw 現実的でないなw
そんな話をキャッチしていただき
チモ先生~ありがとう


 今日は写真がいっぱいですよ~


使ったオイルはひまし油、ラード、パーム核油。

はい、オイル湯煎し80度を目指す。
(68度までしか上がらない)
透2


苛性ソーダを60度に(63度で混ぜる)
透14


しっかりトレース(ここまでに50分)
透4


植物性グリセリン、グラニュー糖、精製水を沸騰させる
グラニュー糖をしっかり溶かし、生地と混ぜる。
透8


こんな感じ~
これを30分保温。
透9


はい。 30分後~。
こちらを2つに取り分けて、
2色の無水エタで着色してみます。
とう12


まずは、『紫』紫根
透1


いきますよ~。
透17


ん?
瞬間的に青い??
群青って感じの色???
こちらを2時間保温します。
透18


そして2時間後~。(青いねw)
透15


続いて、『緑』ローズマリー

が入ってた容器。。。
とっても鮮やかな綺麗な緑でしたよ。
透6


混ぜると~
「ね~茶色になってきたんだけど、、、」とチモ先生。
透3


うん。茶色だねw。
アルカリと反応してしまったか。。。
こちらも2時間保温しますよ。
透13


そして、2時間後。
端っこが緑っぽく見えなくもない。
透5


それでは~
2つの生地を2人ではんぶんこして
型入れしましょう。

うさぎ
ちょうどいいタッパーがなかったので、
豆腐の空き容器にw
(ザルで濾しながらね~)
透10


紫根生地をを濾したザル~
青いね!!
透11


チモ先生も型入れ~
アクリルモールドで。
(ピシッとラップをかけたらもれません。)
透16

透7


うさぎ時間ギリギリ~
(ピンクさんの幼稚園バスのお迎え時間w)


前回はこの状態でそ~~っと車に乗せ、
そ~っと自宅まで運びました。
が、やっぱり膜が入り込んでしまったようなんです。

だから今回は、
ゆるゆるの生地を動かしたくなかったので
「このまま置いてっていい? 常温放置で頼む~」
と、管理を押し付けて
いつものごとく
慌てて立ち去ります

帰りにチモたんからお土産をいただきましたw
この話しと
透明石けんのその後は
また次回の記事で


参加してます
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

tag : うさぎ 手作り 透明石けん 紫根 ローズマリー

Secre

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
こんにちわ♪
手作りせっけんが大好きな
うさぎです。
せっけんのお話と
日常の出来事を
記していきたいと思います。

 ~登場人物~
 うさぎ(主婦)
 ダーダ( 夫 )
 ピンクさん(5歳娘)
 赤さん  (0歳娘)

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

うさぎせっけん

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。